理想の顔に変わる

理想の顔やボディラインを手に入れたいと思っている方はたくさんいらっしゃることでしょう。美容整形は、その夢を叶えることができるもので、その需要は年々高まってきています。しかし美容整形は生命の保持を目的とする医療行為とは異なり、患者の願望によって行なわれるものなので注意が必要です。「お医者さんの言っている通りにすれば大丈夫」ということではないのです。品川美容外科では、患者との意思疎通の不足により、裁判に発展したトラブルも起きています。その多くが、医師が説明したが患者側がそれを認識していなかったというものでした。患者側が裁判で勝利する事例もありますが、裁判は時間がかかり耐力も必要であるため、このようなトラブルに巻き込まれないに超したことはありません。

品川美容外科の事例を上段では述べましたが、このような問題は品川美容外科だけのことではありません。品川美容外科のような大手クリニックは多くの人の美しくなりたいという願望を叶えている一方で、少数ではありますが、このようなトラブルを抱えているのです。しかしトラブルの数だけ美容整形技術やサービスの質は高くなっているとも言えます。裁判になったトラブルでの反省の念を感じられます。私たち患者側もクリニック側の説明を理解する、自分がなりたい状態を正確に伝えるということが重要だと言えます。これはとても難しいことです。しっかりとカウンセリングの時間を取り、自分が納得するまでは手術に踏み切らないという姿勢をとりましょう。